ウツギの花 ー植物にも幽体があります。

先日、職場の方のお庭にお呼ばれしました。

私では、今時期の花といえばバラやジャーマンアイリス位しか知らないのですが、ガーデニングが趣味の方なので、趣味の良い、気品のあるお花で庭が埋め尽くされていました。

お花の種類を紹介していただき、一つずつ、香りを楽しませていただきました。

 

帰りに、ウツギのお花(白)をいただきました。
好きな香水と香りが一緒でした(^^)

※花瓶に放り込んだだけですが💦お庭の趣味の良さは伝わるかと・・・。

続きを読む

ペットの安楽死

先日、遠方に住んでいる兄から久しぶりのLINEが届きました。

兄は契山館会員ではありません。

何の話しがあるのかと思ったら、16年飼っていたペットの犬が癌になり、腫瘍が大きくなりすぎて可哀想なので、安楽死を考えていると大変残念そうでした。

私が以前飼っていた犬が死んだ時の話を思い出したらしく、葬儀はしたのか、火葬はどこで出来るのかと聞いてきたのでした。

私は、自分は葬儀をしなかったこと、火葬は普通に火葬場でペットも扱ってくれることを伝え、地元の火葬場を調べてみればとアドバイスしました。

兄は、私が契山館会員であることを知っているので、霊的なことを聞いてくるのかと思いきや、そこには触れてきませんでした。

契山館の主張を信じている人ではないので、そこで話を終わらせようかと思ったのですが、落胆した様子だったので、老婆心で霊術の話を切り出して見ました。 続きを読む

なのになぜ 心は震えたがるの?

最近やっている音楽番組は、昔の名曲特集が多いような気がしています。

懐かしい曲が聞けるので嬉しく思うのですが、
最近、凄く良いな、と惹かれる曲に出会うことが少なくなったような気もします。

そんな風に思う人が多いからこその昔の名曲特集なのかな、とも思います。

続きを読む

参道の無い神社

私は仕事上、車でいろいろなところへ行きます。運転中「こんなにあるのか・・」と思うほど、神社仏閣があります。

いろいろな理由があると思いますが、それだけ昔の人は信仰心が当たり前だったのだと思います。

現代では、神社でよく見かける光景ですが、元々あったであろう参道に、生活道路が横切っていたり、短くして大きな道路が通ったり、すぐ隣が住宅地だったりします。

素朴な信仰心の昔の人からすれば、ありえない光景だと思います。

存在するのかどうか分からない神様より、物質的な生活を優先し、そのくせ初詣や観光では自分勝手な祈願をする現代人ならではなのでしょうか。 続きを読む

触らぬ神に祟りなし?

「触らぬ神に祟りなし」とよくいいます。

余計なトラブルに首を突っ込むのは止めましょう、の意味で使っていますが、
先日ふと気になり、ネットで調べてみましたら、

この「神」は、霊的に高貴な存在としてでなく、
成仏できない幽霊のことを指している説があるようです。

続きを読む